国体代表選手選考基準について

茨城県トライアスロン協会は 5月23日に予定されていた水郷潮来トライアスロン2021(茨城県国体代表選手選考大会)が新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から7月以降に延期を決定したことから、第76回国民体育大会代表選手選考基準を下記の通りといたします。

  • 参加資格

  18歳以上(2021年12月31日現在)の茨城県より
  JTU 登録会員(2021年度)をし、茨城県に在住・在勤及び
  ふるさと登録が可能となる選手で次の基準を満たした者。

  • 基準 (優先順 成年男子2名・成年女子2名・補欠男女各1名 計6名)

  1.2021年関東トライアスロン選手権(日産カップ)順位または記録
    (1位選手の102.5%以内の記録を有する者を対象とする)

  2.認定記録会を実施、上位選手を選考する。(JTU認定記録会準拠)

  3. 国民体育大会の過去3大会において、上位入賞を果たした
    選手及び参加した選手。

  4.原則、選考大会に申し込みの選手、もしくは申し込む意思のある選手。

  5.ITA主催強化合宿に招待を受け、参加した選手。

  6.選考選手が辞退した場合、ロールダウン(繰下げ)を行う。

選手選考につては、強化委員会が公平性、公正性に留意してITA理事会承認後、茨城県体育協会に代表選手内定通知書を提出する。

確認したいことがある方は office@ibaraki-triathlon.jp までご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top